菓子のルーツ「豊岡」まるわかりガイド

豊岡のお菓子情報サイトとよおかスイーツギャラリー

HOME > 菓祖 田道間守ものがたり

お菓子のルーツは豊岡にあった!! 菓祖 田道間守ものがたり

お菓子の聖地 豊岡神話

菓祖 タジマモリ(田道間守)
「古事記」「日本書紀」に伝わるお菓子の神様。生誕地は兵庫県豊岡市とされ、中嶋神社(兵庫県豊岡市三宅)のご祭神として祀られています。『日本書紀』では「田道間守」、『古事記』では「多遅摩毛理」「多遅麻毛理」と表記されています。古代の豪族、三宅連(みやけのむらじ)の祖とされています。
1
 遠いむかし(西暦六十年頃)、タジマモリは第十一代垂仁天皇(すいにんてんのう)の命をうけ、遠い海の向こう「常世(とこよ)の国」にあるという「非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)を探す旅に出ました。「非時香菓」とは一年中実り、芳香を放つ果実の意味で、今の「橘(たちばな)」と言われています。
当時、日本に「非時香菓」はなく、食べると歳をとらずに長生きができると考えられていました。
2
 タジマモリは幾多の困難を乗り越え、十年の歳月をかけてやっと「非時香菓」を見つけました。大喜びで非時香菓を持ち帰りましたが、その一年ほど前に天皇は亡くなっておりました。持ち帰った非時香菓の半分は皇太后に献上され、残りの半分を天皇のお墓に植えた後、タジマモリは悲しみのあまり亡くなったと伝えられています。
タジマモリが橘を持ち帰り、到着した場所
豊岡市のお隣り、京都府京丹後市網野町木津にタジマモリが橘を持ち帰ってきて到着したとされる地が残る。到着したと伝わる現在の夕日ヶ浦は、別名「常世の浜」と呼ばれる。地名の「きつ(木津)」は橘が伝来した地として、「橘」の音読み「きつ」に由来すると言われている。
3
 タジマモリを祀った神社「中嶋神社(なかしまじんじゃ)」はタジマモリのふるさとである豊岡市にあります。第三十三代推古天皇(すいこてんのう)の時代(七世紀前半)に建てられたとされています。神社の名前は「タジマモリ」のお墓が垂仁天皇陵の濠の中に、島のように浮かんでいることに由来するといわれています。室町時代に建立された本殿は「二間社流造(にけんしゃながれづくり)」という珍しい様式の建物で、これは、室町時代の典型的な神社建築を伝えるものです。明治四十五年に国宝に指定され、現在は国の重要文化財となっています。
二間社流造
【にけんしゃながれづくり】
神社建築の一形式。流造は平入りで、正面入口にあたる屋根の一方(前流れ)が、長く延びた形式で、側面から見ると前後が不同になっている。本体部分を身舎(もや)、長く延びた部分を庇(ひさし)または向拝と呼ぶ。正面の柱間は規模によって異なり、一間から三間以上のものもある。
4
 中嶋神社のご祭神であるタジマモリノミコトが持ち帰った「非時香菓」は現在の「橘」であると言われていますが、「橘」とはミカンの原種です。昔、果物は「果子・かし」と呼ばれており、橘は果子の最上級品とされていたことから、タジマモリはお菓子の神様(菓祖)として崇敬されています。このため、タジマモリノミコトの分霊は太宰府天満宮(福岡県)をはじめ全国各地で祀られ、豊岡市・中嶋神社は「お菓子の聖地」として全国の菓子業者の信仰を集めています。

田道間守にまつわるエトセトラ

中嶋神社(なかしまじんじゃ)
菓祖神として「田道間守命」を祀り、全国に七社の分社がある。(兵庫県豊岡市三宅1)
  • 福岡県太宰府市(菓祖中嶋神社九州分社)
  • 佐賀県伊万里市(中嶋神社佐賀県分社・伊萬里神社)
  • 岐阜県高山市(久和司神社)
  • 愛媛県松山市(中嶋神社四国 分社)
  • 徳島県徳島市(中嶋神社徳島 分社)
  • 京都府京都市(菓祖神社)
  • 愛知県豊橋市(中嶋神社)
中嶋神社には豊岡市のシンボルである鸛(コウノトリ)に関連した神様「鳥取造(ととりのみやつこ)」の祖「天湯河棚」(あめのゆかわたな)が配祀(はいし)されている。
垂仁天皇(すいにんてんのう)第十一代天皇
タジマモリに常世の国にあるという不老長寿の妙薬「非時香果(橘)」を探すよう命じた。
アメノヒボコ(天日槍、天之日矛)
タジマモリの先祖で但馬国開拓の祖。(タジマモリはアメノヒボコの4世の孫)
豊岡市出石町に鎮座する但馬国一宮「出石神社」の祭神で、『古事記』『日本書紀』、『播磨国風土記』の日本神話に登場する古代史上の渡来神。アメノヒボコは日本初の「お札の肖像」にして1例目の女性「神功皇后(じんぐうこうごう)」の先祖とされている。
(兵庫県豊岡市出石町宮内99)
出石神社(但馬国一宮)
但馬国の一宮で、地元では「いっきゅうさん」の呼び名で親しまれている。祭神である天日槍は、瀬戸の大岩を切り拓いて、泥海だった但馬地方(兵庫県北部)を平野にしたとされ国土開発の祖神として、土木関係者から信仰を集めている。
タジマヒタカ(多遅摩比多訶)
タジマモリの兄弟。豊岡市但東町畑山の「日出神社(ひでじんじゃ」に祭神として祀られている。神功皇后の母方の祖父。
タジマモリの関係図
タジマモリの関係図

豊岡厳選 ご長寿Sweets

お菓子の神様のふるさと豊岡市にはたくさんのお菓子のお店があります。菓子のルーツ橘は不老不死の妙薬であったという言い伝えがあります。〝健やかな長寿を願い〟また、今の時代に合わせたこだわりの材料で形にしてみました。

Back to Top